デザインメガネ・骨伝導ヘッドホンは福井県福井市の「有限会社ガレージアイ」

技術案内

HOME > Company > 技術案内
  • 企業コンセプト

    企業コンセプト

    有限会社ガレージアイが特許を取得した、他社にはない革新的な技術。

    それは、自社製品のみならず、他社の製品にも幅広く使用していただいております。

    こちらのページでは当社の技術力の一部をご紹介していきます。

gull wing frame glasses -ガルウィング式はねあげフレーム-

  • 近未来的ガルウィング式はねあげフレームとは?

    近眼の人が近くを見る場合に、眼鏡を外して裸眼で見る人が多いようです。特に仕事で、遠くを見たり近くの細かい物を頻繁にする人には、近くを見るたびに眼鏡を一回、一回外す必要がないので非常に便利である。

    又老眼の人はその逆で、遠くをみる場合は裸眼で見て、近くを見る場合には眼鏡を掛ける必要がある。
    老眼鏡は近くを見る為に必要なものなので、眼鏡掛けたまま歩くことができない。また、人の顔を見るときもピントが合わないので眼鏡を下の方へずらして掛けて、上目ずかいで人の顔をみる事になり、非常に年配者に見えてかっこ良くない。

    今回は上記課題を解決する眼鏡を掛けていても、普通にかっこいい。ガルウィング式はねあげフレーム

    より個性的に、スーパーカーのようなガルウィング式。片手で、右側or左側を上げればもう片方も連動して上がってくれる。その逆でおろす時も同じで、連動してくれるすぐれもの。

Frame With Resin washer -樹脂ワッシャー付フレーム-

  • 樹脂ワッシャー付フレームとは?

    樹脂ワッシャー付フレームは丁番、ネジレスフレームとなっています。連続開閉10万回の使用テストをクリアしております。

    樹脂ワイヤーのメリットとして、ネジレス構造(従来蝶番のネジの緩み&ネジ落下の解消)がまずあげることができます。
    スリット樹脂パッキン2個のみのシンプル構造でワンタッチに組み込みが可能で、一枚駒をスリット樹脂にて挟み込むことにより、摺動面の摩擦抵抗が生まれ、開閉(アガキ)の持続性を可能にしました。
    また、万が一開閉(アガキ)が緩くなっても、樹脂ワッシャーの交換はお店でも気軽に出来ます。

Jewelry glasses -ジュエリーグラス-

  • ジュエリーグラスとは?

    ジュエリーをテンプル(メガネのつる部分)やヨロイ(フロント両端と蝶番との接合部分)などに特殊な方法で取り付けます。
    この方法だとジュエリーが表・裏から見えて、とても可愛らしくお洒落に見せることができます。

    ジュエリーには各種デザインがあるのでフレームデザイン、フレームカラーなどと組み合わせると今までにない“キュート&プリティー”を打ち出せます。
    商品はユニセックスからアダルトまで幅広いラインでの展開が可能です。

実用新案登録済 No.3124341

Two folds are modern -二重モダン-

  • 二重モダンとは?

    耳あての部分にあたるモダンを二重構造にする事により、今までモダンに入れられなかったカラー、デザインを入れることが可能です。
    また、カラー剥げもありません。

    モダンなのでスペースは限られますが好みのデザインを入れることが可能です。

    モダンにデザインを施すことにより、今までにないイメージを出すことが可能になりました。

  • 二重モダンの特徴

    クリアーの外側のモダンにカラーモダンを入れる時に特殊樹脂を使用することにより、カラー剥げが無く、レンズ効果で模様が浮いて見えてきます。

実用新案登録済 No.3117366

METARTECH -メターテック-

  • メターテックとは?

    ステンレス板にデザイン部分を特殊な合金で盛り上げて表現した物です。
    盛り上げの後はゴールド&ニッケルシルバーメッキ処理しています。
    盛り上げの方法は、「くっつけた」という考え方ではなく「同化」させています。

    本来はステンレスにはほかの金属が密着することは不可能です。
    「同化」という言葉通りに、見た目上同じ物として化かして(だまして)一本化させています。

  • 背景はイメージ通りの加飾が可能

    基本はステンレス地色ですが、特殊な印刷を加えることが可能です。
    任意の場所に任意の色が付けられます。

    メッキと印刷が自由に組み合わせ出来るのは当社のオリジナル技術です。
    フルカラーから指定色までお任せください。

    金属の上に印刷しますので、ステンレスなのにアルマイト染色の質感が再現できます。
    特にお勧めはグラデーションで、非常にキレイな仕上がりとなります。