デザインメガネ・骨伝導ヘッドホンは福井県福井市の「有限会社ガレージアイ」

アイデア系グラス

HOME > Product > アイデア系グラス

音楽を聴くのも、携帯電話に出るのも、便利な眼鏡フレーム。
ポータブルオーディオプレーヤーの他、携帯電話に接続するだけで
骨伝導電話にもなります。

Air Tightの技術

  • 骨伝導技術

    骨伝導技術

    骨伝導技術とは、人体工学技術を応用して直接音を聴覚神経に伝達する技術です。

    耳を覆う方式を使わないので長時間の使用でも聴覚へのダメージが懸念されないのが特徴です。

    一般的なスピーカーが空気伝導で鼓膜に音を伝えるのに対し、骨伝導装置より直接聴覚神経に音を伝える技術を採用しています。

  • フレーム製作技術が生み出した世界最小の高性能ヘッドホン

    フレーム製作技術が生み出した世界最小の高性能ヘッドホン

    ヘッドホンのバンドと振動子(スピーカー部分)を合わせると10グラム、直径も10mmφ(ファイ)と世界最小を記録!
    そんな驚きの軽量化を実現した高性能ヘッドホンがAir Tightには付属しております。

    メガネのフレームで採用されているベータチタン製の弾力ある素材を使用した最新のヘッドホンです。

    バネ性があるため装着しやすく、軽量でフィット感にも優れるため、長時間の使用にも適しています。

  • ハウリング抑制技術

    Air Tightはフィードバックする音量を自動で調節する機能を採用して、自然にハウリングの発生を抑えます。
    それによって騒がしい環境でも携帯電話の通話及び、音質をクリアに楽しめます。

  • 耳を塞がない

    耳を塞がないため、鼓膜に刺激を与えず、長時間の使用でも疲れにくい仕様です。
    音声を聞きながら、同時に外部の音を聞くことが出来ます。耳が解放されているため、ウォーキング、自転車など、外出先でもお使いいただけます。

  • 優れた音質

    Air Tightは、一般的な骨電導の短所である狭い周波数帯域を最大に広げております。

  • 骨伝導とは?

    骨伝導とは?

    骨伝導とは、耳(鼓膜)から音を聞くのではなく、骨(頭蓋骨)に振動を与えて聴覚神経に直接「音」を伝える仕組みのことをいいます。
    通常耳で音を聞く際には、周囲の音が空気を振動させ鼓膜に届き、鼓膜が振動することでその音を信号として脳に伝え、脳は信号を音として判断します。
    しかし骨伝導の場合は鼓膜を通りませんので、直接音の振動を伝えることができ、耳への負担が少なくなります。

    「耳で聞く」と私たちが実感できるのは空気を伝わる「気導音」です。
    人の話し声やテレビなどの音は周りの空気を振動させ、その振動が耳に集められ、鼓膜を振動させることにより、中耳で増幅されます。
    そして内耳のうずまき管のリンパ液中に浮かぶ聴覚神経の先端部分を揺れ動かされることで、音として認識しているのです。
    しかし「骨伝導」の場合、外耳や中耳を経由することなく、内耳のうずまき管(蝸牛)に直接音の振動を伝えます。

    耳を塞がないため鼓膜に全く刺激を与えずに、驚くほど明瞭に聞き取ることができます。

  • 近くにAir Tight取り扱い店舗はありますか?

    弊社のみの取り扱いのため、使ってみたい場合はサンプル品の発送が可能です。
    ※サンプル品の発送、ガレージアイにお戻し頂く際の送料はどちらもお客様負担です。
    ご了承頂ける場合はサンプル品をお送りいたします。

  • 自分が使っているメガネに取り付けて使いたいのですが可能ですか?

    フレームのモダンの小口が合うかどうかを確認する必要があるため、お客様がお使い頂いているメガネを弊社にお送り頂く必要があります。